函館の昆布で作ったポン酢やダシは【株式会社 医食同源】へ~がごめ昆布が貴重な理由~

函館の昆布「がごめ昆布」で作ったポン酢・ダシは【株式会社 医食同源】の通販で!

函館の昆布「がごめ昆布」で作ったポン酢・ダシは【株式会社 医食同源】の通販で!

昆布のダシが利いている調味料をお探しでしたら、函館の昆布の中でも貴重な「がごめ昆布」を扱う【株式会社 医食同源】の通販をご利用ください。

【株式会社 医食同源】では、がごめだしポン酢や薫る焦がし醤油、海峡焼き肉のたれなど、函館の特産品であるがごめ昆布を活かした様々な商品をご用意しています。

昆布ならではの深みある味わいと上品な甘味が手軽に楽しめる商品ばかりとなっているため、ぜひ、毎日の食生活に取り入れてください。冷奴やサラダなどにかけるだけのがごめとろろ昆布も、便利にお使いいただけます。

流通している昆布のほとんどが北海道産!昆布の中でもがごめ昆布が貴重な理由とは

流通している昆布のほとんどが北海道産!昆布の中でもがごめ昆布が貴重な理由とは

だしを取ったり昆布巻きにして食べたりと、様々な活用方法がある昆布ですが、流通している昆布のほとんどが北海道産ということはご存知でしょうか。日本には14属 45種類の昆布があり、東北の一部地域と北海道に生育しています。

その理由は、北海道を取り囲む海域の水温と水質、地形にあります。寒海性の昆布は、水温が低い環境での育成に適した植物です。特に、北海道周辺の海域は、日本海から流れ込む黒潮系暖流、オホーツク海から流れ込む親潮系寒流が混ざり合う地域で栄養分が豊富です。

さらに、北海道沿岸は浅瀬が多く、昆布の生育に必要な光合成ができる地形であることがわかります。なかでも、函館近海から室蘭沿岸でのみ生育しているがごめ昆布は貴重です。昆布出荷量約9割を占める北海道産の昆布のうち、ほんの数%程度しか採取できません。その理由は、がごめ昆布の生育場所が関係しています。

真昆布は水深7~8m、日高昆布は水深10~15mに生育していますが、がごめ昆布は水深10m前後~25mの岩礁上に育成していて引き揚げるのが難しいのです。生育地域が同じである真昆布と比べると胞子をつけるための期間が短く繁殖力が弱い傾向にあるのも、他の昆布と比べると採れる量が少ない理由と言えるでしょう。函館の昆布をお探しでしたら、ぜひ【株式会社 医食同源】をお役立てください。

函館の昆布を購入するなら【株式会社 医食同源】

社名 医食同源
設立年月日 平成7年11月15日
役員
  • 代表取締役 中山 一郎
  • 取締役 中山 浩一
  • 監査役 中山 由美子
本社所在地 〒040-0075 北海道函館市万代町20−10
資本金 500万円
事業内容
  • 食料品、清涼飲料、嗜好飲料の販売
  • 水産物、及びこれらの加工品の販売
  • 食品添加物の製造販売
  • 業務用洗剤の製造及び販売
店舗案内 医食同源 JR函館駅店
函館市若松町12-13 JR函館駅1F
店舗TEL 0138-40-3938
URL https://ishokudougen-hokkaido.com